AWS Linux にアタッチされている EBS rootボリュームサイズをオンラインで拡張する。

AWSEC2

Written by Kohei Yamada Posted on 2017/09/05

ツイート



はじめに

以前、Amazon LinuxにアタッチされているEBSのボリュームサイズを拡張する。を行いました。
ですが、実はこれだとrootボリュームの場合はうまくいきません。(Amazon Linux の場合だと再起動する必要があると思います Sports Touring concept ステップキット 4ポジション STRIKER(ストライカー) ZRX1200。)
なので、今回はrootボリュームをオンライン(再起動しない)で拡張したいと思います。


事前確認

まずは現在のボリュームを確認しておきます。

$ lsblk 
NAME MAJ:MIN RM SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
xvda 202:0 0 20G 0 disk 
└─xvda1 202:1 0 20G 0 part /
$ df -h
ファイルシス サイズ 使用 残り 使用% マウント位置
devtmpfs 991M 56K 991M 1% /dev
tmpfs 1002M 0 1002M 0% /dev/shm
/dev/xvda1 20G 4.1G 16G 21% /


ボリューム拡張

AWSマネジメントコンソールへログインします。

[EC2] > [インスタンス] から対象のインスタンスを選択し、[説明]タブに記載されているルートデバイスへ移動します。(初めからルートデバイスのボリュームがどれかわかっていたらそのままボリュームを選択してもOKです。

ACRE ブレーキパッド ■アクレ フォーミュラ700C フロント 【品番:200】 ダイハツ シャレード G100S (TURBO 、GTXX除) 87.1~93.1,[#tong##]

  メーカー名 株式会社 アクレ アクレのHPはこちら 種別 自動車用ディスクブレーキパッド 商品名 フォーミュラ700C Formula700C 位置 フロント用 メーカー品番 品番:200 材質 カーボングラファイトメタリック 適正温度 常温~700度 摩擦係数 0.35~0.58 本製品の形状 W=総横幅 H=総縦幅 t=新品時厚み 適合データよりも現車パッド形状が優先されます。(画像がない場合は気軽に適合をお問い合わせください。)当資料はアクレ社が独自に調査したもので、実際とは異なる場合があります。現車の形状を事前にご確認頂かず、形状が違い取付が出来なかった場合の返品・交換等は一切お受けしていません。(厚み表示がある場合は参考としてお考え頂いて結構です。)また、前オーナーがキャリパー変更している場合(特にス バ ル や ダイ ハ ツ)は、実装実装キャリパーに合ったパッド形状をお買い求めください。 適合 メーカー ダイハツ モデル シャレード 年式 87.1~93.1 排気量 1000 型式・グレード G100S (TURBO 、GTXX除) 備考

。)

「アクション」 > 「ボリュームの変更」をクリックします。

「ボリュームの変更」でサイズを変更します KG POWERSPORTS ケージーパワースポーツ クラッチディスクセット スタンダード【CLUTCH DISC SET-STD [KG052-7]】。(今回は40へ変更)

確認で「はい」をクリック

「ボリュームの変更リクエストが完了しました」と出るので「閉じる」をクリックします。

しばらくするとサイズが20GiBから40GiBへ変わります。

サーバへ入って確認するとボリュームサイズが拡張されているのがわかります。

$ lsblk 
NAME MAJ:MIN RM SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
xvda 202:0 0 40G 0 disk 
└─xvda1 202:1 0 20G 0 part /

ですがまだファイルシステムからは見えているのは 20G のままです。

$ df -h
ファイルシス サイズ 使用 残り 使用% マウント位置
devtmpfs 991M 56K 991M 1% /dev
tmpfs 1002M 0 1002M 0% /dev/shm
/dev/xvda1 20G 4.1G 16G 21% /

growpart と resize2fs で拡張します。

$ sudo growpart /dev/xvda 1
CHANGED: disk=/dev/xvda partition=1: start=4096 old: size=41938910,end=41943006 new: size=83881950,end=83886046
$ sudo resize2fs /dev/xvda1
resize2fs 1.42.12 (29-Aug-2014)
Filesystem at /dev/xvda1 is mounted on /; on-line resizing required
old_desc_blocks = 2, new_desc_blocks = 3
The filesystem on /dev/xvda1 is now 10485243 (4k) blocks long.
$ df -h
ファイルシス サイズ 使用 残り 使用% マウント位置
devtmpfs 991M 56K 991M 1% /dev
tmpfs 1002M 0 1002M 0% /dev/shm
/dev/xvda1 40G 4.1G 36G 11% /

無事に拡張されました。


おわりに

これで急なボリューム拡張が必要になってもサーバを停止する必要がないのでとても便利ですね Castrol (カストロール) React performance DOT-4 (リアクト パフォーマンス DOT-4) ブレーキフルード 荷姿:0.5L×12(ケース販売) 【送料無料】 215/60R16 16インチ BRANDLE-LINE ブランドルライン カルッシャー メタリックシルバー 6.5J 6.50-16 DELINTE デリンテ DH2(限定) サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション。



ツイート