>  > Project μ プロジェクトミュー ブレーキパッド B SPEC リア スプリンターマリノ AE101

新しい上映情報コメントレビューをご覧ください。

劇作家・今井一隆 様のブログより(4月19日)

 

2011.4.18(月)、渋谷のUPLINK FACTORYで『VEIN-静脈-』の試写を観た。

登場人物は男(百鬼どんどろ・岡本芳一)と少女(人形)のみ。

台詞は一切語られない。

物語らしい物語はないし、決して「娯楽」として万人に受け入れられる

ものではないだろう。

Project μ プロジェクトミュー ブレーキパッド B SPEC リア スプリンターマリノ AE101
【送料無料】 DUNLOP ダンロップ ウィンターMAXX 02 165/65R14 14インチ スタッドレスタイヤ ホイール4本セット BIGWAY LEYBAHN WGS 5.5J 5.50-14!Pivot(ピボット) 3-drive REMOTEハーネスセット (3DR+TH-7A+BR-2) ホンダ フィットシャトル H23.6- GG7/GG8 L15A 品番:3DR-7A-2.ズーム スーパーダウンフォースC 1台分 ダウンサス アストラ XK220カブリオ ZOP003008SDC Zoom ダウンスプリング バネ ローダウン コイルスプリング【店頭受取対応商品】,【USA在庫あり】 DRAG フロント ブレーキライン ステンレス 08年以降 FXDF(ABS無し) +8インチ 1741-2904 JP

Project μ プロジェクトミュー ブレーキパッド B SPEC リア スプリンターマリノ AE101

。 しかしそんなことはハナからわかりきったこと 。

 

沈黙劇で知られる劇作家の太田省吾はかつて岸田戯曲賞の選評でこんな

言葉を述べている。

 

【舞台という空間はどのような空間なのだろう。たとえば、長靴が一足、

 舞台の上に置かれているとする。その長靴は、たとえば私の家の玄関の

 片隅に置かれていたものとは明らかにちがったものである。

 〈詩的連関〉という言葉がある。詩の世界では、日常のものごとの

 連関と異なる連関が可能であり、そこに詩の世界のわたしたちに

 とっての意味や魅力が生じるのだが、〈劇的連関〉というものも

 あるのではないだろうか。 舞台の上の長靴は、〈劇的連関〉の中に

 あり、そこで現実の、たとえば私の家の玄関の片隅にある長靴とは

 ちがったものとなりうる 汎用 トラック 泥除け 飾り ステンレス ステー 幅 860mm × 縦 123mm 2組セット ウェイト。それは、登場人物についても言える

 ことではないか 【クーポンあり】【送料無料】ユニカー工業 超撥水&溶けないプレステージバイクカバー ブラック 8L BB-2010 撥水と耐熱を兼ね備えたバイクカバー!!。】

 

「VEIN-静脈-」に登場する男と女は、確実に〈劇的連関〉の中にある クラッツィオ エアー シートカバー レジアスエース バン(KDH201 / KDH206 / TRH200) ET-1099 / Clazzio Air。

そして渡邊世紀監督は、その世界観を崩すことなく、二人の関係性を

〈映画的連関〉に捉え直すことに成功した。

パンフレットに岡本芳一の言葉が記されてある。

 

【人形は“モノ”であり、観る人の“心”が入る《器》である [Projectμ] プロジェクトμ ブレーキパッド クラブマンシンタード フロント用 モビリオ GB2 01/12~ 1.5L 本州・北海道は送料無料 沖縄・離島は送料1000円(税別)。

 だから、人形に念(おもい)は込めない。】

 

ゆえにこの深く静かな感動は実にパーソナルなものである Clover クローバー スクーター外装 フロントフェンダー SKYWAVE250 [スカイウェイブ] SKYWAVE250 [スカイウェイブ] (CJ45A -) SKYWAVE250 [スカイウェイブ] (CJ46A -) TRUST(トラスト) 日産 パルサー/ラングレー プラグ Greddy レーシングプラグ プロ・プラチナ 熱価8番 1988/4~1990/8 パルサー/セリエ FN13/FNN13 ■エンジン:GA15S・15E ■排気量:1500 4本セット。

誰とでも、おいそれと交換したり共有できる種類のものではない。

そしてそれは作り手に対しても同様だ。

 

【互いを想いながらも決して救い合うことができない男と少女。

「それは自分と人形の関係性も同じこと。だから『VEIN』は

μ ブレーキパッド B プロジェクトミュー AE101 μ リア SPEC ブレーキパッド スプリンターマリノ Project

 冷たく終わりたい。】

 

そうした作り手の意思を超えて、傷ついた男女の行く雪原の向こうに、

我々は安易なヒューマニズムとは別のところで、

ある種の“希望”すら見いだすことができる。

 

今井一隆(劇作家)

今井の日記